視力回復方法

レーシック手術を受ける前に、視力を少しでも視力を回復させる方法を試してみても良いですね。

視力回復トレーニング法:冷水視力回復法
冷水視力回復トレーニング法は、昔から行われている視力回復法の一つです。冷水視力回復トレーニング法は、朝起きて顔を洗うときに、きれいな水を入れた洗面器の中に顔をつけて、その水の中で目を開けたり閉じたりすることで、ツボを刺激する視力回復トレーニング方法です。

この冷水視力回復トレーニング法は、朝、血行が良くなって暖かくなった目を、今度は冷やして刺激する事で、さらに目の血液の流れを良くし、目の周辺筋肉や機能そのものを活発にするのです。

睡眠中は目も機能を休めています。目は睡眠中に休息する事で目のコリや疲れを取っているのですね。朝、目覚めたときには、眼は血行が良くなっていて温かくなっていることが解ります。


冷水視力回復トレーニングの方法

きれいな冷水を用意し、その水の中で30回程度まばたきをします。
きれいな水を使用するのは、目に雑菌が入り炎症などが起こるのを防ぐ為です。
水道水は殺菌消毒の為に、塩素やいろいろな薬品が混ざっていますので、これは使用しないほうが良いかもしれません。

品川近視クリニック

品川近視クリニックは利便性の良い駅のすぐそばにあります。クリニックの内装は清潔感のある落ち着いたデザイン。
レーシック用の設備はフラップ作成にINTRALASE社(INTRALASE社:アメリカ)の最新型「イントラレースFS60レーザー」や、エキシマレーザー「アレグレットウェーブアイキュー」をはじめ、より高次元での矯正を可能とする「ウェーブフロントアナライザー」など、最高クラスの機種がそろっているのです。

品川近視検査クリニック 銀座院
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館

品川近視クリニック 銀座院/銀座アイクリニック
東京都中央区銀座5-2-1 銀座東芝ビル

品川近視クリニック 大阪院
大阪府大阪市北区梅田2-6-20 スノークリスタルビル

近視矯正手術の専門医院である品川近視クリニックは、最新の技術・設備を備え、専門性の高いスタッフによるプロフェッショナルな医療チームです。近視治療を通し、多くの方に自由で快適なビジュアルライフを送ってもらう事が理念だそうです。
品川美容外科グループと提携し、相互に広く患者の求める情報を開示し、安全と安心の医療を目指しておられます。

71名所属する医師はすべてプロフェッショナルな方ばかりですので、安心して任せることが出来そうですね。

品川クリニックでレーシック

レーシック手術には技術的にいくつかの方法があります。
それぞれ手術方法によってメリットとデメリットがあります。レーシック手術に関する方法は大別して3種類ほどになりますが、イントラレーシック、エピレーシック、ウェーブフロントレーシックなどです。

品川近視クリニックではコンピュータ制御でフラップを作成するスーパーイントラレーシックを取り入れており、安全面でも大変優れています。イントラレースFS60レーザーの場合、正確に均一な薄いフラップを作成することができるそうです。これにより視力の出も良好な結果になるそうです。

また従来のレーシックでは、施術後ドライアイになってしまうということがありましたが、スーパーイントラレーシックの場合は、角膜への負担を大幅に軽減し、ドライアイの発生率を抑えます。従来が15%ものドライアイが発生していたものを、なんと4%程度に抑えたというのです。これは嬉しい限りですね。ドライアイになるとしょっちゅう目薬を差さないとならないですから・・・

品川近視クリニックで手術を受けた方の98%が裸眼で1.0以上の視力に回復し、1.0以上にはならなかった残りの2%の人たちも視力は回復している結果がでているそうです。

ケータイで左のバーコードを読み取るか、上のフォームに自分の携帯アドレスを入れて送信してください。携帯からもサイトを閲覧することが可能です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。