品川クリニックでレーシック

レーシック手術には技術的にいくつかの方法があります。
それぞれ手術方法によってメリットとデメリットがあります。レーシック手術に関する方法は大別して3種類ほどになりますが、イントラレーシック、エピレーシック、ウェーブフロントレーシックなどです。

品川近視クリニックではコンピュータ制御でフラップを作成するスーパーイントラレーシックを取り入れており、安全面でも大変優れています。イントラレースFS60レーザーの場合、正確に均一な薄いフラップを作成することができるそうです。これにより視力の出も良好な結果になるそうです。

また従来のレーシックでは、施術後ドライアイになってしまうということがありましたが、スーパーイントラレーシックの場合は、角膜への負担を大幅に軽減し、ドライアイの発生率を抑えます。従来が15%ものドライアイが発生していたものを、なんと4%程度に抑えたというのです。これは嬉しい限りですね。ドライアイになるとしょっちゅう目薬を差さないとならないですから・・・

品川近視クリニックで手術を受けた方の98%が裸眼で1.0以上の視力に回復し、1.0以上にはならなかった残りの2%の人たちも視力は回復している結果がでているそうです。

ケータイで左のバーコードを読み取るか、上のフォームに自分の携帯アドレスを入れて送信してください。携帯からもサイトを閲覧することが可能です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。