フェイキックIOL

ェイキックIOLに使用する眼内レンズは、白内障治療で使われるのと同じ樹脂素材。白内障手術と違うのは、白内障の場合は水晶体を除去し、レンズを挿入するのに対し、フェイキックIOLでは水晶体をそのまま残します。この為「有水晶体」の名があるようです。

レーザーで角膜を削ることもないこの手術は、86年に始まった欧州では既に17万件以上の症例に達しており、アメリカでも近視用眼内レンズが承認されています。

フェイキックIOL挿入術を行う医療機関

# 慶応大眼科(東京都新宿区)03-3353-1211
# 南青山アイクリニック(東京都港区)03-5775-2112
# 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5クイーンズタワーC8F
# レーシック / ウェーブフロントレーシック / PRK / フェイキックIOL
# 同横浜(横浜市)045-682-4411
# 神奈川クリニック眼科(東京都新宿区)03-5321-5651
# 東京歯科大水道橋病院(東京都千代田区)03-3262-3421
# 東京慈恵医大眼科屈折矯正外来(東京都港区)03-3433-1111
# 深作眼科(横浜市)045-325-0055
# 北里大眼科(神奈川県相模原市)042-778-8111
# リフラクティブアイクリニック(名古屋市)052-872-0490

「神奈川クリニック眼科」は、眼科専門医による高度な技術と豊富な治療の経験・選択肢をもち、最先端の設備や教育されたスタッフが多数所属しています。リーズナブルな費用設定だけでなく、実績・クオリティの高さで人気のクリニックです。

「錦糸眼科」は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設として有名で、まさにレーシックのパイオニア的存在です。米国白内障・屈折手術学会(ASCRS)でワールドトップドクター賞を受賞し、他にも数々の賞を受賞している矢作 徹院長の手術が受けられるのも特徴です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。